人気ブログランキング |
ウィリアム・メレル・ヴォーリズの遺構。
先日、滋賀県の近江八幡市に所用で訪れる機会があったので、せっかくだからそこから15kmほど離れた町にある、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの残した建築物を眺めに足を延ばしてみた。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズと言えば、明治後期に英語教師として日本に訪れ、その後日本各地で西洋建築の設計を数多く手掛けたことでよく知られる高名な建築家。

そして敬虔なクリスチャンとしても知られ、日本でのキリスト教の伝道に尽力したこともあって、彼の建築物は日本基督教団の各地の教会など、キリスト教にまつわる建築物も多い。

同様の理由でミッション系の学校法人の建築も多く、私が5年間w通った関西学院大学上ヶ原キャンパスの校舎群も彼の設計・建築だ。

またその瀟洒な建築様式から店舗建築の作品も多く、館内までアールデコの様式が目を引く大丸心斎橋店や、同じく現大丸神戸店南一号別館となっている旧居留地38番館など、街の象徴となるような荘厳な建築物も数多く残している。

そんな彼の代表的な建築物のひとつを眺めに、琵琶湖東岸の町を訪れてみた。
b0139457_21235186.jpg
昭和12年に小学校の校舎として建築されたその建物は、当時としては珍しい鉄筋コンクリート構造で、その純白の姿は当日の朝まで降り続いていた雪化粧をまとい、まるで天がこの地に創造された聖地の如き佇まいを見せている。
b0139457_21241044.jpg
現在は校舎としての役目を終え、市の複合福祉施設として利用されているこの建物は、西洋の装飾を取り入れたその他のヴォーリズの建築とは明らかに違う、学び舎としてまさに質実剛健な姿を湛えている。そんな姿に魅せられる人も多いのか、この日も多くの観光客が巡礼とばかりに、この建築物を訪問していた。
b0139457_21243062.jpg
館内の階段の手摺りにはイソップの寓話「兎と亀」をモチーフにしたブロンズ像が至る処に配置してあり、質実な外観だけでなくこんな所にも彼の「健やかで勤勉であれ。」という学童たちへのクリスチャンらしい願いが汲み取られる。

晩年のヴォーレズは「ヴォーレズ合名会社(のちの近江兄弟社)」を設立し、メンソレータム(現メンターム)を初めとした日常的に使用される薬品を広く日本に普及させた。こんな所にも彼の日本人や全ての人に対する優しさを感じずにはいられない。

彼の建築物を見ているとそんな優しい気持ちにさせられるのだ。
この純白の旧校舎を眺めていると、かってその学び舎で部活に友情に駆け巡った若者達の姿が目に浮かぶ。

ヴォーリズの建築物はここでも、そんな大きな愛を湛えた遺構であった。。。
ここをポチっとなww
by typega | 2012-02-01 21:25 | お気に入りのモノ
<< 東京ゲートブリッジ完成記念スポ... でもBikeMateGPSはイ... >>



GAAPとかTREK7.5FXとかホビーとか遊び、仕事、毎日。いろいろ大切なモノやコト。
by typega
カテゴリ
全体
Gaap
7.5FX
FLAT1
マンガ
ジテモノ
デジモノ
気になるモノ
お気に入りのモノ
関西
東海
イベント
ヨタ話
日々
クルマ
ヒトコマ
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
JO3FRHの日々是自転車操業
こえだちゃんの木の(秘密...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧